別にその物を肯定するわけでは無いけれど、そういう時代だったんだよなぁ〜。
このシリーズはしばらく続けていきたい。