デスクワーカーの腰痛対策

腰の負担が一番大きいのは「座る」姿勢

腰痛対策は身体を動かすだけでは無く、日々の生活の中で固定した姿勢になってしまうのを改善しなければならない。

人が立っている時、椎間板にかかる圧力を100とすると、仰向けで寝る時は25、横向き寝が75、立って前傾姿勢を取ると150、椅子に座った姿勢が140、座って前傾姿勢になると185。
PCに向かう姿勢はこの最悪の姿勢!!

↑下記サイトより
https://www.sawai.co.jp/kenko-suishinka/illness/200902.html

これを改善するのは立って仕事をすること。

と言う事で、電動昇降デスクを導入した。

天板は今まで使っていた物がそのまま使えるので、下記リンクの足だけを購入(現在10%OFF)。さらに、サイト登録時に5%割引きのクーポンがもらえ、その浮いた分でケーブルチューブも買って足下もスッキリさせた。

届いたパッケージは非常に重い物で、一人ではとても動かす事が出来ず、玄関で開梱し、パーツ毎にスタジオに運び込む。それでも、動力部はかなり重く腰を悪くしそうだ。

パーツは少ないので組み立ては簡単。重いのが玉に瑕だがこの重さがデスクを支えてくれるのだから仕方が無い。
組み立てよりも事前の片付けの方に時間を要したが、ほぼ半日かかる。

デスクはかなりしっかりしている。作業に支障は無いが、わざと揺らすように力を横にかけると少し揺れる。作りはかなりシッカリ出来ている。1800cmあるデスクトップを支えるのだから仕方が無いのかも知れない。

コントロールパネルではMボタンで高さを3つセット出来、ボタンを押すだけで設定した高さに昇降してくれる。Aボタンがあるのでこれは何かと思いマニュアルを見ると、アラームボタンだと言う事。何のアラームかと思ったら、設定した時間でアラームが鳴る。

長時間同じ姿勢で作業してしまうことが多いので、このアラームで強制的に作業姿勢を変えられるのはとても良い。出来るなら、設定時間で勝手に上下してくれると良いなと思った(贅沢か!)。

(10%OFF)FlexiSpot 電動昇降デスク  オフィス作業台ホワイトE3W

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です