しばらく描いていないと無性に描きたくなる鉛筆によるドローイング。勢いに乗ると途中の過程を保存しておく事を忘れるが、今回は新しい展開の幕開けとなる描き方を考えついた。作品としてキット良い結果を招くだろう。