気持ち悪いと言って嫌わないで下さい。

なにしろ、このカードのテーマはゾンビですからね。
iPhoneアプリの Adobe Capture を使い手書きのラインをパス化してしまったので、残念ながら手描きの良さが出ていません。Adobe Captureは大好きなので、細かな調整が出来る様になって欲しいと願うのですが、それをやるとアプリ的にも、データ的にも重くなってしまうのでしょうかね。

Photoshopで再制作した方が良い絵になりそうですが、とりあえずここまで。手描きの写真も付けます。

Zonb解説

■Card game Zonbとは3人~5人でプレイするゲームで、地上で忌み嫌われたり恐れられる物の姿を見抜き、自分の手元から排除して相手に押しつけるゲームです。敗者が現れることで勝負が終わる勝者の無いゲームです。

※Zonbは日本語的には存(ながら・える:長く生き続ける)部(とも:区分されたひとつでもあり群れや集団をも意味する)ふたつの漢字とZombie(ゾンビ)とも架けた作られた造語。

■Zonb card type

Bonez(ボーン) X 4
Mantisz(マンティス) X 4
Tigerz(タイガー) X 4
Eyez(アイ) X 4
Dogz(ドッグ) X 4
Draculaz(ドラキュラ) X 4
Monkeyz(モンキー) X 4
Catz(キャット) X 4
Snakez(スネーク) X 4
Zombiez(ゾンビ) X 4
Zonb(トランプ) X 1

total 41枚

■Zonb(ゾンブ)の遊び方■

1)3人〜5人までのプレーヤーに全てのカードを配ります。

2)はじめにプレイする親プレイヤーAを決め、1枚の札を他のプレイヤーBに裏向きにして「この札は**です」と画の名前を言って渡します。この時にプレイヤーAは嘘を言っても構いません。渡す相手はプレイヤーCでもDでも構いません。

3)裏のまま受け取ったプレイヤーBは渡したプレイヤーAが本当のことを言っているのか嘘をついているのか、もしくはZonbカードなのかを答えてから表向きにします。
※選択肢はYes「これは**です」、No「これは**ではありません」、Zonb「このカードはZonbです」の三つです。

4)もしBの答えが裏向きカードの内容と等しい場合は、表向きにしてプレイヤーAの手元に置きます。

5)Bの答えが間違っている場合はプレイヤーBの手元に表向きに置きます。

6)Zonbカードと答えた場合、正しければBの手元カードの全てをAに、間違えていればAの手元カードの全てを自分の手元に引き取ります。(中盤で早く勝敗を付ける大きな手となります、テレビのクイズ番組などでおなじみの”大どんでん返し”です。2人で遊ぶときはZonbは抜いてプレイして下さい。)

7)次の親プレイヤーは負けたプレイヤーになります。

8)プレイヤーの手元にある表向きカードの1種類が4枚になった時点でそのプレイヤーの負けとなり、ゲームは終了します。

 

***********************

※市販はされません(笑)

学生課題向けの習作です。