Flower シリーズ of Artist HAL_s ELDORADO



HOME > Flower serise > Flower シリーズ

華やかで、心にやさしい

花の心は華やかで、明るくみずみずしく。
優しさに満ちた色と香り。
しかし時に、はぐらかされ、時に心騒がされ。
飛行船は高く飛び、青い空を際だたせる。

緑の原を駆け巡り、爽やかな風が吹く時。
甘い香りに誘われた。
香りは届く夢の国、手の届かない夢の園。
虫たちは高く舞い上がり、甘い香りはかき消される。

 

デジタル表現とアナログ表現

絵を描くと言う事はどういう事なんだろう。絵は心の表現であり気持ちの表れだと思っているのですが。もちろん、道具によって表現は変わるし、素直に心が表せないという時もある事は確か。それは見る側も同じではないでしょうか。水彩画好きな人、油彩画好きな人、日本画が好きな人、美人画が好きな人。それぞれが、それぞれの心に訴えかける何かがあり受け取る何かが感じられるから好きになる訳で、日本画でも洋画でも道具による差別化は付ける事は出来ません。もちろん、それはデジタルでの表現も同じ。ただ、デジタル表現は商業化しやすいと言う事は確かです。安易に安直にビジネスとして成立させる人達も多くいます。それは、それ。

私の展示会には、私の作品を知っている人ばかりが訪れる訳ではありません。全く知らない人が展示会に来て作品を見て下さるのはとても嬉しい事です。中には作品を見ながら私に問いかけをしてくる人がいます。「何で描いたのですか」と。そして次に、ほとんどの方が{アクリルですか?」と問いかけます。
描いた道具が重要ならば画材屋さんへ行けばいいのです。そして自分で思う存分描いてみる。それで良いのではないのでしょうか。目の前にした作品を見て「何で描いたのか」と道具を聞いてくるのはおかしな話しです。これが、「どういう考えを持って描いたのか」という話しであれば、楽しくお話ししていきましょう。
道具を知りたいのなら、残念ですがあなたのお好みではないのですね。アクリルという言葉を知っているだけで「アクリルですか?」と問いかけるのはやめましょう。あなたの知るアクリルの世界はもっともっと広いのです。
そして私は胸を張って「コンピューターです」と言い切ります。もちろん、それだけではないのですが。問いかけてくれたあなた、残念ですね。思惑道理ではなく残念な気持ちにさせてごめんなさい。




kuchinashi.jpg山梔子
kunshiran.jpg君子蘭
manjyu.jpg曼珠沙華
samurai_drive.jpg
tessen.jpg鉄線
fuyu.jpgストック白