曼珠沙華 of Artist HAL_s ELDORADO



HOME > Flower serise > 曼珠沙華

曼珠沙華(悲しい思いで)

鼓の大倉正之助の公演を見に行ったすぐ後に、鼓の音に触発されて描いた作品。
大きな月の夜、闇の中に浮かび上がる曼珠沙華は異様な情熱を帯びて感じられる。
花言葉は「情熱」「悲しい思い出」「独立」「再会」「あきらめ」

曼珠沙華

彼岸花という異名を持つ秋の花。
地面からいきなり花だけが地上に突出する姿から炎と見られ、庭先に植えると火事になると忌み嫌われていた。山口百恵の引退日に歌われた曼珠沙華ではマンジュシャカと読まれている。作詞・阿木耀子

manjyu.jpgmanjyu.jpg曼珠沙華(悲しい思いで)

クリックすると拡大します。

冬のサナトリウム(冬)
曼珠沙華(秋)
samurai draive(秋)
未設定。LinkIcon
鉄線(夏)
海神の木(春)
未設定。LinkIcon