iPhone Case digital of Artist HAL_s ELDORADO

_DSC9616.jpg

iPhoneケースの創り方(デジタル編)

既成のiPhoneシェルクリアケースを利用して、オリジナルケースを作ってみましょう。
今回使用する素材はクリアーケースバックプリントとしてA-oneの「手作りステッカー」を使ってシートを作り裏に入れるだけの物です。写真専用紙でも良い様なのですが、使用するシェルケースに入れると紙厚で外れやすくなってしまいます。また、このステッカーは表面に保護フィルムを貼るタイプなので、インクがシェルケースに写ることがありません。印刷も美しく仕上がります。気分に合わせて着せ替えシートとして使用するのも良いでしょう。

このサイトに私の作った絵が用意されています。お好きな絵をダウンロードしてご使用下さい。個人でご使用になるのは無償でお使い下さい。

iPhoneケース展 2010年8月21日(土)~29日(日)横浜赤レンガ倉庫1号館1Fで公開しました。


LinkIcon画像はこちら

DSCN5012.JPG

手作りステッカー

着せ替えステッカーは エーワン 手作りステッカー ホワイト光沢フィルム+透明保護フィルムラベル A5判 ノーカット 各3シート 28808 を使って作ります。画像は自作イラストでも写真でも何でもかまいません。出力用の台紙はこちらに用意してあります。説明写真とは少し違い穴を開けるタイプとして作ってあります。穴は手芸屋さんのパンチ(8mm,4mm)で開けることが出来ますが、面倒な方は穴ごと切り取ってしまって下さい。

DSCN5014.JPG

定規を利用して保護フィルムを貼る

A5台紙に合わせて三枚の画像を印刷することが出来ます。印刷が終わったらしっかりインクを乾かしてから保護フィルムを貼ります。貼るときは端をしっかり貼り付けてから定規でしごくように押して、気泡が入らないようにしっかり貼り付けましょう。もし、気泡が入ってしまったらまち針のような細い針で穴を開けて出すことも出来ますが、お薦めはしません。とにかく注意深く気泡が入らないよう強く押しつけることが大切です。

DSCN5016.JPG

周囲を切り取る

穴を開ける場合は三枚切り取る前に穴を開けた方が良いでしょう。カッターマットを下に敷きパンチを使って穴を開けます。このときの力を弱くすると穴が開かない場合があります。強すぎると穴の周囲が汚くなります。ハンマーの重さを利用して打ち付けることが大切です。(写真は後ほど)
周囲はカッターナイフを使って切り取ります。はじめに定規で直線部分を切り取り、角の曲線ははさみで切り取る方が良いでしょう。

DSCN5036.JPG

ケースに入れてセットする

切り取ったら、ケースに入れてiPhoneに装着しましょう。このステッカーはシールなのでiPhoneに直接貼ることも出来ます。ただ、剥がれたときの事を考えるとクリアケースを利用した方が綺麗にあがります。クリアケースはアナログの時にも使用したフォーカルポイントコンピュータの透明シェルケースです。

TUNEWEAR iPhone4用ハードケース eggshell for iPhone 4 クリア TUN-PH-000032