SAPEUR:黒いスーツと赤いサスペンダー

先日「着るアフリカ展」を見に行った、着るアフリカというタイトルは的確だとは思わなかったがカメラマンのサップチャノ「茶野邦雄氏」の講演もあると言うので、お目にかかってきた。展示は何年か前に東京駅の大丸で見た作品群とほぼ同じだったが、彼の撮影したサプール達の活き活きした表情に再びお目にかかれた事はとても嬉しかった。

講演は茶野氏が撮影時に経験した事、サップ達の考えや生き方を話して下さり、小さな会場には人があふれていてた。最後に短い時間ではあったがご挨拶が出来たのはとても良かった。

ここの所、茶野氏の撮影したSapeul達の写真集を見ながら色々悩み描いていたが、少し方向が決まってきた所、生の写真を見てさらに触発されついに形になった。
あるていどまとまったら私なりのサップ達に平和の願いを込め、何処かで展示したい。
黒いジャケットのサプール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください